aubiglobe割引(特典の充実度がピカイチの申し込み)

auひかりのプロバイダを徹底比較!最強にお得なプロバイダとは

auひかりの導入を検討している人の中で、プロバイダ選びに迷っている人は実はかなり多いと思います。

auひかりで使えるプロバイダはそもそも大量にありますが、光ファイバー自体はauひかりのものを使用しているので、基本的なプランや月額料金にあまり差はありません。

とはいっても、キャッシュバックキャンペーンの金額や、細かいオプションなどには大きな違いがあって、プロバイダ選び如何によっては何万円もの差が生じてしまうなんてことはよくあることなんです。

このサイトでは、光回線の営業をやっていた管理人の私が、あらゆる切り口から本当に最強のプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

プロバイダを選ぶ時のコツ!

そもそもプロバイダ業者とはなんでしょうか?プロバイダというのは個人の利用客と回線業者をつなぎ合わせる業者のことをいいます。プロバイダがなければインターネットにつなぐことはできません。

auひかりで契約できるプロバイダには以下のような業者があります。

GMOとくとくBB、ビッグローブ、ソネット、@nifty、DTI、ASAHIネット

プロバイダによってはキャンペーンが大きく違っていたり、オプションが違っていたりと、いろいろな違いがあります。

得するプロバイダを選ぶためには、以下の3つのポイントが大切になってきます。

1,キャッシュバックでもらえる金額と実際に振り込まれる時期

2,理論値ではなくて実測値での回線スピード

3,オプションが豊富に取りそろえられているか

上記のポイントを詳しく見ていきましょう!

ポイント1 キャッシュバックの総額と申請のしやすさ

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダの業者によっては、何万円も違っているようなところもあります。

キャッシュバックがまったくもらえないプロバイダもありますし、5万円以上のキャッシュバックをしているところもあります。

どこのプロバイダと契約しても、光回線のauひかり本体自体は変わらないので、基本的な月額料金などに大きな違いはありません。

以上のようなことから、auひかりの契約を検討している人は、高額なキャッシュバックに惹かれないで、確実にもらえるところを選ぶのが肝心です。

ポイント2 光回線の速度と安定性をチェック!

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

プロバイダの速度が遅かったとしても、光回線なのでめちゃくちゃ遅いなんてことは商売上あり得ないのでご安心ください。

とはいっても、できる限り早くて安定しているプロバイダを選びたいものですよね。

ポイント3 セキュリティが満足かどうか

最後に見極めるポイントとしてはセキュリティのオプションが充実しているかどうかですね。

安心度の高いインターネット環境をそろえるためには、セキュリティが必須になってきます。ハッキングやウイルス対策をしていないと、クレカや個人情報などが漏れてしまうこともあります。

プロバイダそれぞれのセキュリティサービスがどれくらい充実しているのかを確認してから使うようにしましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

この章ではauひかりのプロバイダを具体的に比較していきたいと思います。

auひかりの具体的な項目を一覧表にしているので是非一度ご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

あらゆる切り口から見てみると一番お得なプロバイダは圧倒的に「GMOとくとくBB」ですね。

最高額で確実に受取ができるプロバイダとは?

GMOとくとくBBはプロバイダ業者として20年以上の実績を持っている、東証一部上場企業です。

GMOとくとくBBの一番のメリットはなんといってもキャッシュバック総額ではないでしょうか。ですが、受け取り方に注意点があります。

11ヶ月後と23ヶ月後にメールで送られてくる、キャッシュバックの案内を1ヶ月以内に返信しないと、キャッシュバックを受け取ることはできません。

とにかくキャッシュバック金額がたくさん受け取りたいという人には、GMOとくとくBBは一番おすすめです。

GMOとくとくBBは回線速度や安定性なども一番優れているといっても過言ではありません。

GMOとくとくBBの回線速度は下りで平均500Mpbsくらいあるので、キャッシュバック金抱くだけではなくて、回線速度や安定性なども重視している人には、ダントツでGMOとくとくBBがおすすめです!

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

このプロバイダはauの名のつくとおりKDDIが運営しています。

auひかりとauoneは、どちらもKDDIが運営しています。

同じ系列会社なので、得するキャンペーンが豊富に用意されているかのようにも見えますが、実はそんなことはなくてあまり得しません。

なぜキャッシュバックなどが充実していないかというと、ほかの業者にauひかりを広めてほしいというKDDIの意図があるからなんです。

auからのキャンペーンを減らしたりキャッシュバックを減らしたりすることにより、ほかの業者が営業しやすくなるという仕組みなんです。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともと電機メーカーのNECが運営を始めたもので、今現在は独立している企業になります。

それではBIGLOBEのキャッシュバックはどうなっているのでしょうか。最高で5万円くらいとなっています。

ですが、BIGLOBEはセキュリティオプションサービスなどがあまり満足いかないのでおすすめできません。

キャッシュバック金額が5万円以上あって、回線速度も安定していて、オプションなども充実しているGMOのほうがおすすめです。

DTI

こちらのプロバイダは東京電力の孫会社が運営しているプロバイダです。

リモートでの補助が無料で使えるというメリットがあります。

キャッシュバックは38000円がありますが、受け取り時期が1年以上先というのであまりおすすめできたものではありませんね。

auひかりの申し込み方法とは

ここからは一番おすすめのプロバイダからauひかりを申し込む方法を解説していきたいと思います。

何年も契約し続ける光回線を契約するのですから、なるべくお得なプロバイダを選びましょう!一番最強なプロバイダはやはりGMOとくとくBBですね。

それでは、GMOとくとくBBの契約方法の流れを解説していきたいと思います。

手順1 サイトから申し込み

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトを開きます。

ページ右上にあるエリア検索ボタンをクリックして手続き画面を開きます。

手順2 住所や名前を入力する

次のページを開くと、個人情報を入力する画面になります。

手順3 工事スケジュールを決める

名前や住所などの個人情報を入力したら尊信します。

個人情報などの入力が完了すると、1週間以内に、KDDIから工事の予定確認の電話がかかってきます。

この電話で、光回線の工事日程を決めましょう。

手順4 開通

光ファイバーの引き込み工事が完了すると、晴れてauひかりを使うことができるようになります。

auひかりのプロバイダに関する質問まとめ

auひかりのプロバイダと回線に関する質問をまとめています。

質問1 auひかりのプロバイダだけを切り替えられる?

auひかりはプロバイダだけを乗り換えることはできないようになっています。

auひかりはすこし特殊になっていて、プロバイダと回線がセットになっているので、回線自体を解約する必要があります。

どうしてもプロバイダだけを変更したい人は、auひかりの光回線を解約してから、別のプロバイダとセットで契約しましょう。

質問2 auひかりの解約金はいくらか

auひかりの解約金や違約金は次のようになっています。

どのプランを契約しているかによっても違いがありますが、だいたい1万円から1万5千円の間となっています。

上記の解約金はプロバイダがどこであっても一律の解約金となっています。

質問3 使用しているプロバイダをチェックするには

auひかりのプロバイダはマイページから確認できます。

マイページに登録していないときは、クレカなどの引き落とし明細にプロバイダ名が記載されていることが多いです。

auひかりで最もお得な申し込み方法とは?

最近右肩上がりで契約者が激増しているauひかりの特典で一番得するのはどこなのか迷っている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの各社プロバイダがやっているキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強クラスにお得であることがわかりました!

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

auひかりの具体的なキャンペーン内容については詳しく解説していきたいと思いますが、結論から言ってしまうと、一番優秀なプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBなら次のような特典を手に入れることができます。

1,6万円以上もの現金がもらえる

2,毎月約500円のひかり電話が3年間も無料

3,高機能な性能のルーター端末がもらえる!

auひかりの代理店などを具体的に比較する

auひかりのキャンペーンをやっているプロバイダを比較してみたところ、次の通りGMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックをしています!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

これらの比較表を見てみると、auひかりを本当に申し込むのであれば、GMOとくとくBBが一番最強だと一目瞭然だと思います。

auひかりを申し込むときに受け取ることができる特典には、次のようなものがあります。

実際に適用してもらえるキャンペーンには、auひかりが公式にやっているものと、代理店やプロバイダが独自にやっている2パターンが存在しています。

そもそもとして、プロバイダというのは、回線業者と消費者の間に立ち、仲介的な役割をしている業者のことです。プロバイダがなければ光回線に接続することはできません。

auひかりを契約するときに、どこのプロバイダ経由で契約したとしても、公式のキャンペーンも適用してもらえるので、ダブルでキャンペーンをもらうことができます。

次の項目からは具体的なキャンペーンについて見ていきたいと思います。

auが公式でやっている特典もある

auひかりは、auの名がつくとおりKDDIが運営しているプロバイダ一体型の回線サービスです。

auのスマホを持っている人であれば、一番お得になる光回線だと言っても過言ではないでしょう。

auひかりの具体的なサービス内容は次のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式キャンペーンとしてやっているものにはいくつかあって、なおかつすべてのキャンペーンを同時に適用することができます。具体的に一つ一つ解説していきたいと思います。

公式キャンペーン1 乗り換え時の違約金などを負担

auひかりでは乗り換えサポートとして、auひかりに乗り換えるときの、他社の解約金などを負担してもらえるキャンペーンを実施しています。

競合他社からの解約金を負担してもらうためには、auひかりから送付されてきた、乗り換えスタートサポートの申請書を返送する必要があります。

解約金申請書を受け付けてもらってから1ヶ月くらいで、auPAYへ送金されます。

auPAYというサービスはauPAY加盟店のお店で買い物やショッピングなどができるスマホ決済です。

基本的にはスマホから使用するのですが、スマホを持っていないときはカードにチャージしてもらうこともできます。

このキャンペーンを適用してもらうには次のような条件があります。

他社のモバイルルーターや固定インターネット回線からは適用されません。

ひかり電話とずっとギガ得プランに入って、3年以上使うこと。

乗り換えキャンペーンを適用してもらうためには、3年間で自動で更新されるずっとギガ得プラントひかり電話への加入が必須となっています。

公式キャンペーン2 工事費が無料になる!

auひかりの初期費用というのは、回線の引き込み工事がほとんどですが、ひかり電話を同時に申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

auひかりの工事費用はマンションが3万3千円、一軒家が4万円かかりますが、このキャンペーンを使うと、これらの費用が無料になるということです。

工事費用というのは月額での分割払いですが、このキャンペーンを実施すると無料になるということです。

このキャンペーンを適用すると、工事費用が分割払いで始まるので、途中で解約したとしてもメリットはたくさんありますね。

auひかりの光回線を契約期間満了することにより、工事費用を0円にすることができます。

公式キャンペーン3 auユーザーにはすごいお得!

auひかりはauの携帯を持っている人が、ひかり電話を同時に申し込むことにより、auの携帯1つあたり500円から1000円くらいが割引になるキャンペーンがあります。

auの契約プランに応じて割引金額は変動しますが、家族全員でauスマホを契約している場合は、家族全員分の携帯電話がずっと割引されます。

これらのように、auひかりは光回線業者の中でも特にすばらしいキャンペーンを実施しているのでauの利用者は圧倒的におすすめです。

公式キャンペーン4 ホーム5ギガなどが割り引き

auひかりでは、ずっとギガ得プランに申し込むことにより、5ギガや10ギガなどの高速プランが550円割引されます。

このキャンペーンを適用するためには、ホーム10ギガか5ギガを申し込まなければなりません。

しかし、この上記の10ギガと5ギガのプランは関東地域でしか提供されていないので、当てはまる人が少ないと思います。

プロバイダの独自特典の詳細

auひかりのプロバイダなどは、公式ではやっていないようなキャンペーンをやっているので、プロバイダから申し込むことにより大幅に得することができます。

プロバイダ各社がやっている独自特典は、プロバイダによってかなり開きがあるので、選び方によっては何万円も得したり損したりということがざらにあります。

独自特典には、高額キャッシュバックやルーター端末無料プレゼントなどがあるので、一つ一つ見ていきましょう!

独自キャンペーン1 高額の現金バック

数あるキャンペーンの中で特に魅力的なものとして現金のキャッシュバックがありますね。

auひかりを取り扱っているプロバイダや代理店は、公式サイトを圧倒的に上回る高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

当サイトで最高峰のプロバイダとしておすすめしている「GMOとくとくBB」の場合だったら、マンションは5万円、戸建ては6万円という業界トップクラスのキャッシュバックキャンペーンをやっています。

独自キャンペーン2 ルーター端末が無料!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

このWi-Fiルーターの端末を無償でもらえたり、貸し出しをしてくれたりするプロバイダがあります。

たとえばGMOとくとくBBだったら、高機能なWi-Fiルーターを1台無料でもらえます。レンタルとかではなくてもらうことができます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダや代理店を見ていると、10万円くらいのキャッシュバックキャンペーンをやっていたりするところもあります。

ですが、こういったうまい話には裏があるので、要注意です。

裏のあるキャンペーンを見極めるための注意点について解説しているので、ぜひご覧ください。

注意点1 オプションが必須となっている

キャッシュバックの条件にオプションが必要と書いてある場合は注意が必要です。

キャッシュバックがいくら高くても、オプションが大量に必要だと余計な経費がかかってしまって、結局損をしてしまいます。

オプションの中には毎月数千円以上かかるオプションがあったりして、キャッシュバック金額をあっという間に上回ってしまってそこからは損失になってしまうなんてこともあります。

上のようなオプションが大量に必要だというパターンは家電量販店によくありがちなので、注意しましょう。

なお、スマートバリューという割引を適用してもらうためには、ひかり電話のオプションが必須となっているので、キャッシュバック条件にひかり電話が入っていてもそんなに気にする必要もないと思います。

注意点2 受取期間が先に設定されている

プロバイダや代理店などによっては、キャッシュバックのもらい忘れなどを狙っているようなところもあるので注意しましょう。

お客さんの申請し忘れを狙っているパターンというのは、そもそもキャッシュバックの申請ができるのが1年後で、さらにそこから振り込まれるまで1年かかるみたいなところです。

光回線を契約したら確実に振り込まれるわけではなくて、時間差で遅れて申請手続きをしなければならないので、それまで覚えておかなくてはなりません。

こういったパターンの顧客の申請忘れを狙っているかのようなキャンペーンには十分お気をつけください。

注意点3 現実的ではない条件がある

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

たとえばですが、自分が光回線を契約した後に、友人や知人の誰かを契約させなければいけないとかです。

そもそも光回線とかは一家に一つしか設置できないので、回線を導入していない家庭の人なんて滅多に見つけられないでしょう。

こういうパターンの実現不可能に近い条件があるキャンペーンに申し込んだときは、結局キャッシュバックを1円たりとも受け取れなかったということになりかねません。

こういったパターンもあるので、契約しただけでキャッシュバックがもらえるようなプロバイダを選べば一番最高ですね。

注意点4 キャッシュバックが高い代わりに基本料金も高い

金額が高いキャッシュバックを受け取れる代わりに、毎月の割引額が減ったり、月額料金がかさんでしまうものに要注意です。

たとえばですが、工事費の初期費用割引がない代わりに、キャッシュバック金額がたくさん受け取れるというものです。

auひかりは工事費用が完全に無料となっていますが、代理店やプロバイダなどの窓口によっては、auからもらえる工事費を窓口が受け取る代わりに、キャッシュバックとして支払うという、一見するとお得にも見えるキャンペーンをやっていますが、これはよく考えると工事費をキャッシュバックしているに過ぎません。

申し込む代理店やプロバイダなどの窓口によって月額料金が変動するので、工事費やキャッシュバックや月額料金などすべてを踏まえた上で窓口を検討しましょう。

結局、一番お得な窓口はどこなのか?

ここからは、キャッシュバックキャンペーンに秀でているプロバイダを比較検証していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、auひかりの一番最強のプロバイダは、「GMOとくとくBB」です。

一番最強に得するプロバイダや代理店を比較するときは次のようなコツがあります。

キャッシュバックの総額が高いこと、オプションなしでキャッシュバックを受け取れること、確実に振り込まれることなど。

ちなみに、下記の一覧以外にもプロバイダなどはたくさんありますが、キャッシュバック総額が3万円以上もらえるところのみを厳選しています。

また、auひかりでスマホセット割りを適用するためには、光電話に加入しなければいけないので、そういった点もすべて考慮した上での比較表となっております。

格安SIMを使っている人は、スマホセット割りを使えませんが、光電話を契約した方が総合的にお得になるので、おすすめです。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックがたくさんもらえることは去ることながらも、毎月550円の光電話が戸建てなら3年、マンションなら2年も無料になるので、めちゃくちゃお得です!

auユーザーのお客さんであればさらにお得になります!

GMOとくとくBBのキャッシュバック詳細

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、auひかりでダントツトップクラスのキャンペーンを取り扱っている窓口となっております。

GMOとくとくBBは最大キャッシュバック額約6万円が受け取ることができて、約1万円相当のWi-Fi端末も無料でもらえます!

auのスマホとセットで使える、スマートバリューに必要な、光電話も無料でつけてもらえるので、auひかりがずっとお得になります。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの詳細は以下のような内容となっております。

1,GMOとくとくBBを契約するときに専用アドレスを作ります。

2,回線契約した時を含む、11ヶ月目と23ヶ月目に専用アドレスにキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,必要なものを入力してから、メールを返信して翌月には振り込まれます。

キャンペーンについての質問

auの公式キャンペーンや独自キャンペーンなどにまつわる質問点などをまとめています。

1,オプションにもキャンペーンはあるか

auひかりのテレビに新しく登場したジャンルパックやオールジャンルパックなどでは、新規に加入すると2ヶ月間無料で閲覧できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルなどをパッケージ化したジャンルパックというのは映画やアニメやスポーツなどがあります。

自分が好きな動画だけを詰め込むことができて毎月1600円で使えます。

他には、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックというものがありますが、こちらは月額2700円くらいとなっています。

2,10ギガプランや5ギガプランなどの対象エリアとは

10ギガや5ギガなどの高速プランは、関東だけの戸建てのみが適用条件となっています。

auひかりは独自の回線を使っているので、通信速度や安定性に高評価があるので、該当エリアであれば快適なインターネットが出来ると思います。

プロバイダを調べ尽くすのは大切

ここまでに、auひかりのメリットやマイナス面やキャッシュバックやおすすめのプロバイダなどについて解説してきました。

キャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンなどは、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものがあります。

他にも、公式キャンペーンは独自キャンペーンと併用できるので、申し込むときはプロバイダや代理店などから申し込むことによりダブルで特典を適用してもらうことができます。

現在実施中のキャンペーンをプロバイダごとに比較してみると、圧倒的にGMOとくとくBBがおすすめとなっております。

GMOとくとくBBなら以下のような特典を適用してもらえます。

1,最大で約6万円のキャッシュバック!

2,毎月550円かかる「ひかり電話」が3年間無料!

3,高機能ルーター端末が無償でもらえる!

一度にこれだけ大量のキャンペーンが適用してもらえるプロバイダは他にないくらいお得です。

一番すごいのは高額なキャッシュバックと、安定した通信回線がメリットといえるでしょう。

また、公式特典として次のような特典も同時に適用してもらえます。

1,他の光回線からの乗り換えで解約金が負担してもらえる

2,光回線の引き込み工事費用が無料

3,スマートバリューがとってもお得!

以上のように、プロバイダによるキャンペーンと、公式のキャンペーンを併用することにより、ダブルでお得になります!